故障しても安心の業者

パソコンと座る男性

パソコンの保存媒体はハードディスクが多いです。最近はノートパソコンなどでSSDが使われることもありますが、SSDはハードディスクよりも高価であり、また、ハードディスクのように1テラバイト、2テラバイトといった大容量のものがないので、家庭用パソコンではハードディスクが保存媒体として利用されるのが一般的です。 上記のように、ハードディスクのメリットは、安くて大容量という点ですが、SSDと比べると故障する確率が高いと言われています。もし、故障によってデータ消去してしまった場合、データを復旧させるために業者に預けないといけませんが、大容量であればあるほど、時間とお金がかかります。また、預けたとしても完全にデータを取り出すことは出来ない場合もあります。

では、パソコンに搭載されたハードディスクが故障してデータ消去に至り、修理する場合、そして、データを取り出す場合はどれぐらいの費用がかかるのでしょうか。 まず、故障してデータ消去に至った場合、もっとも費用をかけることなくハードディスクを元に戻す方法は、データに関してはあきらめて、ハードディスクの物理的な故障のみを直す場合です。この場合であれば、パーツの交換だけで元に戻せる可能性が高いので、費用は技術料とパーツ代だけということになります。なので、一万円から二万円程度で直せる可能性があります。 費用がかかるのは、ハードディスクを直し、更にデータを取り出す場合です。ハードディスクが1テラバイト以上の大容量タイプで、データ消去になった範囲がそのほとんどという場合は10万円を超えます。