効率よく管理が出来る

カラフルなケーブル

 外付けhddの利用方法として最もポピュラーなのは、パソコン本体のハードディスク容量の増強です。  パソコン本体にはある程度の容量のハードディスクが搭載されていますが、近年の基本OSソフトの容量の肥大化や、アプリケーションに関連するファイルの増加は、ユーザー側ではプログラム容量や関連ファイルを管理出来ません。  また、近年のデジタルメディアは、高品質な映像ファイルや音声ファイルで提供されるようになってきました。特にデジタルカメラの撮影データなどは大きな容量を必要とします。  そこで、パソコンの本体の記録容量を増強するために外付けhddを用いて記録領域を確保します。  また、本体に記録している重要な情報ファイル等を外部ディスクにバックアップしておくことで、万一本体のドライブにトラブルがおきてもデータの復旧ができます。  最近の外付けhddの記録可能な容量は、ノートパソコンのディスク容量を超えたものもありますので、本体のディスクイメージをそのまま外部hddに記録させることで、記録情報の完全復旧を行う事ができます。  万一のトラブル時にデータ復旧を行うためのバックアップとしての利用方法も主な利用方法の一つです。

 外付けhddを利用する人は、そのほとんどがノートパソコンの利用者です。  デスクトップパソコンには大容量のハードディスクが搭載されているため、ディスク領域の容量増強が必要ないため、特に外付けのドライブを利用することはありません。  これに対して、ノートパソコンは情報記録媒体が限られているため、USBインターフェイス等を利用して外付けの周辺機器と接続をして機能を拡張しないといけません。特にハードディスクは利用するにつれて、空き領域がどんどんなくなっていってしまいます。  また、ノートパソコンは携帯するのに便利なため、持ち運びの最中にどこかにぶつけてしまったり、手が滑って落としてしまったりすることもあります。その際、本体のハードディスクに物理的トラブルが発生しても、外部ディスクにOSソフトやアプリケーションをインストールし、普段から情報のバックアップをしておくことで、外付けhddをメインドライブとしてパソコンを立ち上げるなど、復旧処理ができます。  不慮の事故によるトラブルは避けたいですが、万一の事故に備えておくことも大切です。