大事な情報を取り戻す

パソコンを指す女性

障害を抱えたメディアで、データが読み込めないものは、データ復旧業者に診断修理をしてもらうことで、データサルベージが可能となることがあります。 その際には業者選びを工夫することで、初期診断を無料にすることができます。データ復旧業者の中には、初期診断を無料で行っているところと、有料で行っているところがあります。初期診断はメディア障害の状況やデータ復旧が可能かどうかの判断を行う作業を行い、通常は人件費が掛かるため有料です。しかし最近では無料で行うところも増えており、業者の選び方次第で無料初期診断が可能となっています。 無料初期診断の業者ならば、仮に復旧の見込みがなければ、その時点でメディアの返送を着払いでしてくれるので、送料のみの支払いで済むメリットがあります。

障害が起きたメディアのデータ救出を行ってくれる、データ復旧会社の利用者の間で近年トレンドとなっているサービスが、成功報酬型のデータ復旧サービスの利用です。 これまでのデータ復旧サービスでは、基本的に復旧作業はその成否に関係なく、料金の支払いをする必要がありました。データ復旧が出来なかった場合には、幾分料金は安くなる業者が多かったのですが、それでも支払いが必要だったのが、データ復旧失敗時のデメリットでした。 しかし近年増えている成功報酬型の料金体系はデータの救出に成功して、初めて報酬として料金を支払えば良いため、安心して依頼を出来るとあり、人気となっています。このためデータ復旧会社の多くが最近は成功報酬型の料金体系を取り入れています。